【黑幕】首領意識的傳承「映姬大佐」



  第六回的東方M1,推出已有一段時間,而我到了今天,才正式開始觀
賞。但是,在長達兩小時的演出中,出現一段很眼熟的場面。這段由四季映
姬演出的劇情,有在接觸商業STG的玩家,就一定看得出來,她是在向某
位大佐致敬。







  沒錯,映姬所致敬的對象,是彈幕STG始祖《怒首領蜂》的核心角色
「修巴魯茲‧隆蓋納」大佐,他身為精略部隊「首領蜂」的司令官,同時也
是引導事件運行的幕後黑手。即使在CAVE推出的眾多遊戲裡,也是相當
有名氣的經典人物。



  而映姬所說的那些臺詞,是出自怒首領蜂要進入二周目時,大佐對玩家
講的那些話。下面列出的,是大佐臺詞的原始版,有興趣的人,可以自行對
照內容有哪些差異。


ご苦労だった・・・と
言いたいところだが、
君等には消えてもらう。

実は今まで戦っていた
機械化惑星人の正体は
消息不明とされていた、
味方艦隊だったのだ。

君等は何も知らずに仲間を
殺して来たのだよ。

しかしそれは、
私の筋書どうりなのだ・・・
あとは君等を始末すれば
私の計画は完成する。

これからは私の最強の
特別戦闘部隊をもって
君等を抹殺するので
よろしく。





  至於映姬最後講的那句「最終鬼畜漫才をもって」,則是參考二周目真
最終BOSS登場時,大佐所講的臺詞「この最終鬼畜兵器をもって」,下
面貼的是參考用影片。


真最終BOSS「最終鬼畜兵器 蜂」&「火蜂」


題目 : 東方PROJECT
部落格分类 : 漫畫卡通

發表留言

秘密留言

プロフィール

(゚Д゚)何…やて…

管理人:(゚Д゚)何…やて…

カテゴリ
グリムス